ヴェネツィア・スクラップブック

アックア・アルタ:通常レベル編


前回ご紹介した11月11日のヴェネツィアのアックア・アルタ(水位が上がる現象)は水位149㎝という高水位だったけれども、秋冬を中心に何度も起きる通常レベルの水位のアック・アルタを今回は簡単にご紹介。
つまり、「地元の人の日常生活に馴染んだレベルの浸水」のご紹介。
こちらヴェネツィアにお住みの方には「なにを今更」という内容なので、どうぞ読み飛ばしてください。
ちなみに写真は10月末のものです。

アックア・アルタの水位100㎝以上の場合には、水が上がる数時間前に街にサイレンが鳴ります。
以前はウーウーと鳴るまるで空襲警報か?と思う様なサイレンでしたが、少し前から変わって、デジタル音で水位によって音の高さが変わって行くのでより分かりやすくなりました。
自治体のサイトで事前に予報も確認できるし、住民は登録すると携帯に高水位の場合にSMSが入るようにもなっています。

こちらは私の住むアパート前の路。

a0199341_0273889.jpg


水がジワジワと浸み出し・・・

a0199341_02827.jpg


だんだんと路を覆い・・・

a0199341_0282426.jpg


こうなります。
これが1~1時間半位のうちに起こるので、「ちょっとそこまで」とぶらりと買い出しに出掛けたりすると、行きは無事でも帰りには浸水、ということもあり。

でも、長靴を履けばそれで済むので、地元の人達はいつもと変わらず、長靴を履いて出ます。

a0199341_0301965.jpg


私が「魚屋長靴」と呼んでいる、腿まである長靴も、ここヴェネツィアで履いているのはもちろん魚屋さんだけではありません。
ちなみに今年は私も購入を検討中。

a0199341_0303663.jpg


バールでも、浸水した店内でいつものように、カフェを飲んで。

浸水防止の為に、お店などでは入口に金属板を設置します。
浸水時の、お店の出入りは、こんな感じで。

a0199341_0311650.jpg


a0199341_0315460.jpg


街の中の所々には、パッサレッレと呼ばれる歩行用の台が設置されるので、そこを渡れば水に濡れなくてすみます。が、台は途中で切れていたりもするのでご注意。

a0199341_032856.jpg


a0199341_0324618.jpg


a0199341_0325525.jpg



ツーリストの人で、浸水している時間帯に移動する人は、お気の毒。
こんなことになってます。

a0199341_0334285.jpg


ビニール製のカンタン長靴も売っています。大体10ユーロ位。

a0199341_0335079.jpg


ちなみにアックア・アルタが起こるとその時間帯は、水上タクシーが小さな橋の下を通れなくなる為(水位が上がるので)、いつもはホテルまで辿り着ける筈が、ずっと手前で降りなくては行けなくなります。
逆にホテルから出発する場合には、同じく水上タクシーがホテルまで来られない為、自力で水上タクシーが来られるポイントまで移動しなくてはいけません。これは、なかなか大変。
カナルグランデ(大運河)沿いのホテルなら、問題はありませんが(小さな橋をくぐる必要がない為)。
なんとも特殊なヴェネツィアの交通事情・・・。

水は数時間すると引いていきます。浸水していたのがウソのように引いていく。
それから地元の人達は、一斉に掃除開始。

a0199341_0343195.jpg


a0199341_0343750.jpg


こちらは、浸水した同じ路の、ビフォア&アフターの写真。

通常レベルのアックア・アルタのご紹介、でした。
[PR]



by sumiciki | 2012-11-17 00:37 | ヴェネツィア

ヴェネツィア在住。雑記帳ブログ。
by sumiciki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

洗濯物干しイロイロ
at 2013-04-25 19:36
春・始まる
at 2013-04-16 08:04
船トラフィック
at 2013-04-15 05:14
中世の建物で、詩の朗読を聴く
at 2013-04-11 19:57
夜の光と陰と、そしてアックア..
at 2013-04-08 20:48

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧