ヴェネツィア・スクラップブック

サンマルコ広場のクリスマス

a0199341_23131369.jpg


ヴェネツィアのサンマルコ広場も、クリスマスらしい雰囲気になってきた。

ちょっと寒いけれど、この時期の夜のサンマルコは、昼よりも美しい、と思う。

サンマルコ広場の鐘楼には、雪の結晶が流れ・・・(上の写真、ブレていてすみません)

a0199341_23133962.jpg

サンマルコ寺院脇の、2頭のライオン像のある小広場には、ツリーと、大きなプレゼーピオ(presepio:キリストの降誕を人形で表現した模型。この時期になるとあちこちで飾られる)が登場。

うん?でもこのプレゼーピオ、なんかへちゃむくれてて微妙な愛嬌が。

実はこれは、「THUN」という、イタリアではそれなりに知られたの陶器ブランドのもの。
クラシックな感じと、イタリアでは結婚式に引き出物に使われたりすることも多いところは、スペインの「リヤドロ」のイタリア版、といったところだろうか(お値段は、リヤドロ程はお高くないが、でもそれなりにする。小さなエンジェルで19ユーロ弱:2011年12月現在)。

このブランド、もとは1950年にボルツァーノで、Otmar Thun伯爵&Lene Thun伯爵夫人によって誕生したらしい。
つい先日行った街ではないか。知らなかった・・・。
そういえば、ボルツァーノの街を歩いていて、クリスマス・マーケットにほど近い通りに、いくつものこのアッチョンブリケ(←若い人はひょっとしたら知らないかも・・・手塚治虫氏のブラックジャックに出て来るピノコです)、なエンジェル達の飾り付けが並んでいるのを思い出した。
それはボルツァーノの街がこのブランドの本拠地だったから、なのだ。

2011年には、「THUN for Art in Italy」として、Lene伯爵夫人が愛した街ヴェネツィアの、サンマルコ寺院内にあるゼン礼拝堂の4人の預言者の修復プロジェクトに出資している。

このアッチョンブリケな感じ、または高木ブーちゃん的な感じが、
実はなかなか、暗い闇にほんのりした温かみを浮かび上がらせているのが印象的。
こういう表情が、実は、何年も何十年も受け入られていく表情、なのかもしれない。

ご参考まで:「THUN」のHPはこちら↓
http://it.thun.com/getattachment/3f53ff9b-48ea-4516-95f2-67fc8c596c47/header_HP_Natale_casa.jpg
[PR]



by sumiciki | 2011-12-12 23:20 | ヴェネツィア

ヴェネツィア在住。雑記帳ブログ。
by sumiciki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

洗濯物干しイロイロ
at 2013-04-25 19:36
春・始まる
at 2013-04-16 08:04
船トラフィック
at 2013-04-15 05:14
中世の建物で、詩の朗読を聴く
at 2013-04-11 19:57
夜の光と陰と、そしてアックア..
at 2013-04-08 20:48

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧