ヴェネツィア・スクラップブック

カテゴリ:美術( 5 )




「フォルトゥニーとワーグナー ~イタリアのヴィジュアルアートにおけるワーグナー主義~」展


a0199341_948684.jpg

(写真:パラッツォ・フォルトゥニーオフィシャルサイトより拝借)

2013年がワーグナー生誕200年ということで、先日フェニーチェ歌劇場のオペラ開幕公演でもヴェルディ作「オテッロ」と並んでワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」が上演されたばかりだけれど、ここフォルトゥニー美術館(芸術家マリアーノ・フォルトゥニーの生前の邸宅&アトリエが美術館となっている)でも12月8日から、ワーグナーをテーマにした企画展が始まり、150を超える数の作品が展示されている。

a0199341_9525548.jpg


1800年代末から1900年代初めの数十年間にイタリアのヴィジュアルアートに大きな影響を与えたといわれる、ドイツの偉大な音楽家であり作曲家であるワーグナーとその「ワーグナー主義」、このテーマを扱ったイベントは今まで例が無いのだそう。

この「ワーグナー主義」というもの、文学・音楽・絵画等の幅広い表現分野において文化的流行をみたらしく、特にヴィジュアルアートの分野では、19~20世紀を通じ後期自然主義や象徴主義、リバティ様式などと共に美学上最もティピカルな表現運動のひとつだったが、その中心人物が、このマリアーノ・フォルトゥニーだった。

ワーグナーは1813年5月22日ライプツィヒ生まれで、1883年2月13日ヴェネツィアで没。一方マリアーノ・フォルトゥニーは1871年5月11日スペインのグラナダ生まれ、1949年5月2日ヴェネツィアで没。
マリアーノ・フォルトゥニーが永住の地となるヴェネツィアに移り住んだのは1889年(1874~88年、父の没後家族と共にローマからパリへ移り、その後ヴェネツィアへ移った)だから、ワーグナーの没後、ということになる。しかし彼はパリ時代にワーグナーの作品に接し、1892年には現在も音楽祭で有名なドイツのバイロイトへ足を運んでおり、ここで既に完成していたバイロイト祝祭劇場(ワーグナーが自身のオペラ上演のために企画設計した)を見たらしい。
既にパリでタレントを花開かせていたフォルトゥニーだが、ワーグナーの作品に魅せられた後のヴェネツィアでの彼のマルチぶりは・・・更にグレードアップ。
そんな彼の作品達が、ここに、彼の邸宅兼アトリエに、彼が暮らし、動き、作品を考え出したその場所に、展示されている。

a0199341_9552482.jpg

(写真:パラッツォ・フォルトゥニーオフィシャルサイトより拝借)

ワーグナーオペラのシーンの絵やスケッチ、バイロイト劇場やテアトロ・デッレ・フェステの模型(どちらも今回の企画展のためにヴェニス・インターナショナル・ファンデーションにより復元された)、ミラノスカラ座での「トリスタンとイゾルデ」舞台装置模型、照明や各種装置、雲を映写する為の装置のスケッチやガラス、なんていうものまで・・・エトセトラ、エトセトラ・・・。
中には、フォルトゥニー自身が室内でなにやら棒のようなものを肩に担いで、オペラのワンシーンのモデルになっているかの様な写真まであった(1895年頃のもの)。まるで「他人に任せておけないから自分でモデルになっちゃった」という感じで写っているフォルトゥニー(←勝手な想像ですが)。
そしてもちろん、彼自身がデザインした舞台衣装も展示されている。

フォルトゥニーの、この熱中ぶり・・・が、こちらにも伝わってくる感じだ。
「ワーグナー主義」なのかもしれないが、見ているうちにこちらが「フォルトゥニー、こんなことにまで手を出しちゃって・・・まあ・・・」と、なんだかヤンチャな子供の猪突猛進っぷりを眺めている様な(フォルトゥニーさん失礼)気分になってきて、楽しい。
個人的に、ここの美術館は企画展も常設展も大好きなのだけれど、今回の企画展でもフォルトゥニーのマルチっぷりは躍動していて、それがたっぷり味わえる。
サスガ、企画展のタイトルに「フォルトゥニーとワーグナー」と2人の名前が並べられているのも頷ける。

作品のドラマ、美術、建築空間、歌と踊り、そして詩、その全てが総合的に一体となって共通の目標へ向かい作用していくこと。その実現のために、デザイナーと技術者が共に仕事をしていくこと。マテリアルそのものとそれを構築していくプロセスに関する確かな知識を持つことこそが、作品のクオリティをより良いものにしていく道であること。
ワーグナーの作品を通じてフォルトゥニーはこうした新たなビジョンを得て、新しいタイプの劇場デザインを実現していったのだった。
今までの展覧会ではいつも、フォルトゥニーのマルチっぷりを単純に「すごいすごい」と見ていたけれど、そのマルチぶりを支える彼の思考は、こういうところにあったのかもしれない、と思いながら、興味深く見た。

a0199341_9504686.jpg

(写真:Quotidiano Netより拝借)

「ワーグナー主義」と副題にあるように、もちろんフォルトゥニーだけの作品だけではなく、今回の展示は1800年代末から現在に至るまで、ワーグナーにインスピレーションを受けた芸術家の作品もたくさん見ることができる。
現代のアーティストでは、アンゼルム・キーファーやアントニ・タピエス、ビル・ヴィオラ、ジョアン・ブロッサなど。
ここの美術館は、いつもその展示構成のセンスにうーんと唸ってしまうのだけれど、今回も、例えばブロッサの現代版のユニークなワーグナーの肖像画(?)が、1800年代終わりの、いわゆる正統派の肖像画に並べて展示してあったり、照明を暗くした展示室の中で巨大なAdolfo Wildt作の「パルシファル」の彫像が浮かび上がっていたりと、「ただ並べてある」だけではないのが、また楽しい。

他にはワーグナーを扱った雑誌やカリカチュア、1900年代前半のミラノスカラ座の公演ポスター等など、ワーグナーオペラ好きな方が見たら喜びそうなものも色々展示されている。
ベートーベンとワーグナー、2人のデスマスクも、並んで展示されていた。


最後に、ひとつ。
最上階(3階)展示室に、写真家Ditta Naya(1858-83年)撮影の写真が、「ヴェネツィアでのワグネリアン・イティネラリー」というタイトルで映像展示されているのだが、ワーグナーが滞在していた1800年代後半のヴェネツィアの風景が見られて、これがなかなか興味深く、思わず見入ってしまった。
人のまばらなヴェネツィアの街。まだ鉄製のアッカデミア橋。サンマルコの鐘楼は、まだ倒壊する前のものだ。変わったものと変わらないもの・・・。
そして・・・ワーグナーがその生涯を終えた場所、現在はカジノになっているヴェンドラミン・カレルジ。
ここの大運河沿いの壁面には、現在は彼の横顔のレリーフと共に「ここでリヒャルト・ワーグナーが生涯を終えた」と彫られた銘板があり、水上バスからも眺めることができるのだけれど、これが、まだ無い・・・。
まったくもって当然のことなのだけれど、ワーグナーの辿ったヴェネツィアのその風景の中で、彼はその壁面に将来自分がここで死んだことを表記した銘板が掲げられると、想像できただろうか・・・。
不思議な気持ちで、会場を後にしたのでした。

「フォルトゥニーとワーグナー ~イタリアのヴィジュアルアートにおけるワーグナー主義~」展
会場:パラッツォ・フォルトゥニー
2013年4月8日まで
開館時間:10~18時(チケット売場~17時)、毎週火曜日、12月25日・1月1日休館
キュレーター:Paolo Bolpagni
会場構成:Daniela Ferretti

Fortuny e Wagner
Il wagnerismo nelle arti visive in Italia
Palazzo Fortuny, San Marco 3780 – San Beneto, Venezia
8 dicembre 2012 – 8 aprile 2013
Orario: 10.00 – 18.00 (biglietteria 10.00 – 17.00); chiuso il martedì, 25 dicembre e 1 gennaio
A cura di Paolo Bolpagni, con l’allestimento di Daniela Ferretti

◆イタリア政府観光局(ENIT)の記事はこちら
◆パラッツォ・フォルトゥニーのオフィシャルサイトはこちら

a0199341_9533013.jpg

[PR]



by sumiciki | 2012-12-17 10:16 | 美術

「クリムト~ホフマンとゼセッション(分離派)の足跡の中で」

a0199341_14244198.jpg


ヴェネツィアはサンマルコ広場に面するコッレール美術館にて、
「クリムト~ホフマンとゼセッション(分離派)の足跡の中で」という展覧会を開催している。

今年はグスタフ・クリムト生誕150周年ということもあり、本場ウィーンでも大規模な回顧展が開催されているらしいが、ヴェネツィアのこの展覧会も見応え有り。

クリムトの作品では、例えば「ユーディト(Giudetta)」(ウィーン、Belvedere)と「サロメ(GiudettaⅡ)」(ヴェネツィア、カ・ペーザロ)が同じ展示室に展示されていたり、ウィーンはゼセッション(分離派)会館にある「ベートーヴェン・フリーズ」の複製やその下絵等、多くの彼の作品が一堂に集まっていた。

そしてクリムトのみならず、展覧会のタイトルにも出ている、クリムトと共にゼセッションの創設者の一人でもある同時代の建築家、ヨーゼフ・ホフマンのデザインも多く見ることが出来る。
宝飾、椅子とテーブル、設計図面、デザインの下絵、等など。

この二人だけではなく、早世したクリムトの弟、アーネスト・クリムトの作品やスケッチメモ、クノップフの作品なども展示されていた。

あくまでも個人的に、この展示の目玉として私の中に焼き付けられたのは、クリムトの「向日葵」。
期せずこの作品が目に入った時の、向日葵がまるで悲しげながらも美しい女性の肖像画のようにも見えた時の、「あっ」という、瞬間。
今まで写真では何度か見ていた作品が、ナマの力でこちらに直接迫ってきた瞬間。
こういう瞬間が持てた展覧会は、嬉しい。

2012年3月24日~7月8日
ヴェネツィア:コッレール美術館
Museo Correr
「KLIMT nel segno di Hoffmann e della secessione」

展覧会のサイトはこちら ↓
http://www.mostraklimt.it/


(写真は全て公式サイトより拝借)

a0199341_14265774.jpg

[PR]



by sumiciki | 2012-04-26 14:33 | 美術

フィレンツェの写真博物館

a0199341_19561266.jpg


イタリアルネッサンスが花開いた街、フィレンツェ。
といいながら、今回私が仕事でフィレンツェを訪ねた際、自由時間に足を向けたのは、「アリナーリ国立写真博物館」(Museo Nazionale Alinari della Fotografia、通称MNAF)。
当然ながら、ルネッサンスからは大分時代を下る展示物を蔵する。

ここの美術館、鉄道駅近くにある有名な教会、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会と同じ広場にある。教会の入り口の広場の反対側が、写真美術館の入口だ。
だから、鉄道駅を利用する観光客にも実に利用しやすい場所にあるのだけれど、しかし観光客には「フィレンツェ=ルネッサンス」的なイメージがあるからか、ガイドブック等を見ても、他の観光スポットに比べるとイマイチマイナー感があるかもしれない。

しかし、なかなか、小規模ながらもその内容が面白い。

イタリアに写真技術がもたらされたのが1838年、その後フィレンツェにアリナーリ三兄弟が写真館をオープンしたのが1852年。美術館の名前は、彼等の名前から来ている。

a0199341_20123456.jpg


企画展では、イギリスの60~70年代のモードや著名人などのポートレイトで知られるイギリス人写真家、Brian Duffy(ブライアン・デュフィ:1933~2010年)の作品展。タイトルは「The Photographic Genius」。(2012年5月20日まで)
モード紙のモデルをイタリアの街角に立たせ撮影した白黒写真。デビッド・ボウイからWバロウズまで多くの著名人達のユニークなポートレイト。
ノンフィクションビデオ上映と共に、暫く彼の遺した写真世界を楽しませてもらう。

常設展スペースがなかなか興味深い。マテリアルや写真技術の歴史を、垣間見ることができる。
ネガの展示コーナー。
昔のフォトアルバムの展示コーナー。写真がまだ貴重なものであった時代、それらを収めるフォトアルバムというものも貴重であり、豪華なものであったことが伺える。
例えばサヴォイア家のウンベルト皇太子が1916年のクリスマスに記念撮影した写真を収めたアルバム。
個人的に「こんなものもあったんだ」と興味深かったのが、1927~28年の「Ricordo del Viaggio della Cina e Giappone」というもの。つまりこの時期に中国と日本へ航海した船員(ユニフォームから見て海兵だろうか)がその航海の記念に、自分のポートレイトに豪華な刺繍(各国の国旗と、たしか鷹と龍だったか、の刺繍)で飾ったものを額装したもの。

また、アリナーリ兄弟とジノリ社がコラボで作った、フィレンツェのパノラマ写真を磁器に写した飾り鉢、なんていうものも1872年に出ている。

昔のカメラの展示コーナーでは、ショーケースの中に、いくつか日本製のカメラを見つける。
1962年のヤシカMAT124G。1962年のアサヒペンタックスSV。1966年のミノルタSR-T101。1970年のキャノンDial35・・・。
1960年・70年代は、ドイツ、アメリカ、そして日本のカメラが市場を席巻していたことが分かる。

さて、冒頭のアリナーリ兄弟だが、かれらの業績は、フィレンツェだけではなくイタリアの風景や人々の暮らしを多くの写真に残していること。現在それらはアーカイヴとして保管されていて、いくつかの写真はミュージアムショップでも買い求めることができる(33ユーロ、2012年3月現在)。

また、花などを撮影対象とした写真群からは、彼らが資料や記録としてだけではなく写真というものをエステティックなものを撮影するものと捉えていたことが分かる。

写真を楽しんだ後、美術館を一歩踏み出したら、目の前にはサンタマリアノヴェッラ教会の美しいファサードが夕日の中に佇んでいた。

a0199341_20162174.jpg


(写真は2枚目のみMNAFのサイトより拝借)

MNAF Museo Nazionale Alinari della Fotografia
Piazza Santa Maria Novella 14a rosso
Firenze
Tel. +39055216310
Fax +390552646990
E-mail: mnaf@alinari.it

ORARIO: (開館時間)
Tutti i giorni 10-19.30 (10~19時30分)
Chiuso il mercoledì (水曜休館)
La biglietteria chiude 30 minuti prima della chiusura(入館は閉館30分前まで)

博物館のサイトはこちら↓
http://www.mnaf.it/mnaf.php
[PR]



by sumiciki | 2012-04-03 20:17 | 美術

トーマス・ヒルシュホルン

a0199341_549322.jpg


終わってから既に2ヶ月以上が経ってしまった・・・(ブログに採り上げるのがあまりに遅くてすみません)。
ヴェネツィアでは、昨年11月下旬までコンテンポラリー・アートのビエンナーレ(Biennale)が開かれていた(ご存知の方も多いと思うがbiennaleとは「2年毎の」という意で、毎年アートと建築の展覧が交互に行われる)。

私は(これまたご存知の方も多いと思うが)、物忘れが激しい。
ビエンナーレも終わって2ヶ月も経つと、長い期間をかけて準備してこられた開催者側の方々には甚だ申し訳ないのだけれど、かなりの部分は忘れてしまっている。
けれど、その段階でなお自分の中に強烈に残っているものがあれば、それはありがたいビエンナーレの収穫だと思っている。

今回のビエンナーレで私の中に強烈に残っている唯一といってもいい展示は、スイス館のトーマス・ヒルシュホルン(Thomas Hirschhorn)のインスタレーションだった。
タイトルは、「CRYSTAL OF RESISTANCE」。

a0199341_5521141.jpg


パビリオンの建物内全てを使いまくってのインスタレーション展示。
入った時まず目に入ってきたのは、たくさんの・・・綿棒。携帯電話。ガムテープが巻き付けられている。週刊誌。タイヤ。ジュースの空き缶。ペットボトル。エトセトラ。どれも、日常生活の中で使われ消費され、そして廃棄されるものばかり、彼は使っている。
しかし、入った時に目に入ってきた綿棒も携帯電話も、中に進んで彼のインスタレーションの世界に入っていくと、それらが「綿棒」でも「使い古しの携帯電話」でもなくなるのが自分でも分かる。
そこにあるのは「綿棒」でも「携帯電話」でも「消費財」でも「廃棄物」でもなく・・・彼のインスタレーション世界の、他には替えられない構成要素なのだった。そのひとつひとつが表現のエレメントに見事に変えられているのだった。こんな圧倒されるような「綿棒」を、私は今まで見たことがなかった。

a0199341_5532860.jpg


そして少し奥に入った所に見たのは・・・膨大なカラーコピーだった。
・・・目を覆いたくなるような、そして新聞でもテレビでも見たことがないような、凄惨な暴力を写した写真のカラーコピー。
路上で血まみれになって死んでいる男性。処刑されたらしい首吊り死体。お腹を引き裂かれ胎児が露出した状態で殺されている妊婦。家らしき所で共に銃殺されたらしい家族・・・。
数々の凄惨な写真のカラーコピーには、日付も撮影場所も、国や人物、事件についても、何も明記されていない。だから余計に報道写真としてではないものとしてそれらを見ている自分に気付く。
それらも彼のインスタレーション世界の構成要素だった。

a0199341_5542136.jpg


それらの写真と日用品・廃棄物のオブジェの渦巻くような世界だった。

a0199341_612114.jpg


インスタレーションとは、ある意味説明が難しい。
言葉で「日用品を使ったインスタレーション」とひとことで言ってしまうと、このパビリオンで感じたあの「ビリビリ感」は全く伝わらない。一応ここにも載せているけれど、写真でも伝わらないだろう。
また、他の人が同じエレメントを使ってインスタレーションを行ったとしても、ヒルシュホルンの世界は、100%、できない。
インスタレーションは、空間が作品そのものだから、やっぱり、そこに行かなくてはダメなのだなあと思う。

彼の世界に足を踏み入れた人達は、そこから何を感じて出て来たろうか。
強烈な余韻を残す、スイス・パビリオンだった。
これを見られただけでも、今年のビエンナーレは私にとって収穫だった。

アートのビエンナーレも、全く門外漢の私でさえ、マーケット色が濃いとか、パビリオン形式の展示方法が今の時代にどうなのかというような話を読んだり聞いたりもする。
が、美術関係者でも批評家でも記者でもない私は、今年もそうだったように、自分が考えたこともないようなことをぶつけてくれる作品、そんな思いもかけない作品と会えたらおもしろいなあという興味で、来年もまた足を運ぶだろう。

a0199341_622071.jpg

[PR]



by sumiciki | 2012-02-06 06:08 | 美術

祝・個展の会期延長!!!

a0199341_2005484.jpg


ヴェネツィア在住、友人の渡部真由美さんの絵の個展、
サンマルコ広場からほど近いギャラリーで開催していたのですが、
最終日になって、ギャラリーのオーナーから真由美ちゃんに
「個展が好評だったので期間を延長したい」と言ってくれたのだそう。
祝・個展の会期延長~!!!!!
1月のエピファニア(1月6日:主顕節。東方の三博士がキリスト礼拝にやってきたことを記念する祝日。ベファーナともいう)頃まではやっているそうなので、
ヴェネツィアでまだいらしていない方、是非足をお運びください。

ひとりの画家の描いたひとつの絵が、誰かの手に渡って、どこかに飾られて、画家の知らない所でその絵を見た別の人がまた画家にコンタクトを取って・・・と、絵というのは画家の手を離れて、世界どこへでも散っていき、繋がっていく。
これはもう、ネズミ講ですね(貧相な表現ですいません)。
そして、「口コミ」ならぬ「目コミ」。
「絵」の持つ広がりの、オモシロさ。

真由美ちゃんの絵は、最新作は以前よりも明るい色調になっていて、普段色々とおしゃべりしていると分からないけれど、いつの間に彼女の中に、このように今までと違う色を選ぶ何かが生じていたのかなあ、などと思いながら、私は絵を観ていました。
ヴェネツィアの水と街、にもみえるし、それだけではなくて人の気持ちも映し込んだヴェネツィアの風景にもみえる。そこにヴェネツィアを見ない人もいるだろう。自由な絵を観る、というのは、楽しい。

ヴェネツィア在住の他の友人達も、彼女の個展を紹介しています。
写真と一緒に、とても上手に、そして温かく紹介してくれているので、詳しくはこちらをご覧ください(笑)↓
http://fumiemve.exblog.jp/14155269/

http://gabbisan.exblog.jp/d2011-12-13/

Mayumi Watanabe
La forza sensible della pittura

Mozart Art Studio
San Marco 1736 (Frezzaria)
Tel. 041 5231681
www.mozartartstudio.it
dal lunedì al sabato dalle 16.00 alle 19.30

後記(12月28日):本日再びギャラリーを訪ねてみたところ、延長後は真由美さんの作品だけではなく、他の作家の方々と併せての展示となっていました。
[PR]



by sumiciki | 2011-12-28 20:11 | 美術

ヴェネツィア在住。雑記帳ブログ。
by sumiciki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

洗濯物干しイロイロ
at 2013-04-25 19:36
春・始まる
at 2013-04-16 08:04
船トラフィック
at 2013-04-15 05:14
中世の建物で、詩の朗読を聴く
at 2013-04-11 19:57
夜の光と陰と、そしてアックア..
at 2013-04-08 20:48

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧