ヴェネツィア・スクラップブック

洗濯物干しイロイロ

a0199341_0392853.jpg


ヴェネツィアも、太陽の出ていない早朝と晩はまだ肌寒いけれど、日中の太陽が出ている間はポカポカして気持ちのいい時期になった。

青空をバックに洗濯物がはためく景色を見ることも多くなってきた。
見ているこちらもなんだか、気持ちがいい。

前回に引き続き、ヴェネツィアの街にはためく洗濯物たち。

a0199341_0465177.jpg


オステリアの上にも。

a0199341_0472288.jpg


(↑ちなみに時々洗濯物から水滴が垂れて来た経験アリ。)

日本(東京)に住んでいた時には、勝手に洗濯物というのは「バルコニーや庭に干すもの」と思い込んでいたけれど、
所変われば洗濯物の干し方も変わるんだなあ、こんな当たり前の事に気付いたのも、こちらヴェネツィアに住んでから。

基本的に一戸建てではなくアパート群(所有者は一家族だとしても、住宅形状がアパートメント)から成るヴェネツィアの街。

a0199341_0401093.jpg


運河に面する家の場合は、こんな感じになっている。
ちなみに、運河に時々靴下などが落っこちているのを見たことがあります。お気の毒だが、コレはちょっと拾えない。

a0199341_0413179.jpg


普通のアパートでは、こんな感じ。
私のアパートもこの方式なのだが、
ロープ両端に滑車が付いていて、洗濯物をロープに吊下げた後でキーコキーコとロープを回して干す。

しかしご覧の通りロープが壁に沿っているので、白いシーツとかブラウス等が風にはためくと・・・壁にヒラヒラとブチ当たって、見事に汚れる(建物は何世紀も昔の建物。見事に粉埃が着きます)。
こんなコトでショックを受けてはいけない。はたくか、それでダメならそこだけ洗い直せばよいのです。

a0199341_0423954.jpg


また、上の写真をご覧頂くとお分かりのように、上階と下階の洗濯ロープの位置が、同じ場所にある。
窓がそこにしかないから仕方が無いと言えばその通りなのだけれど、
そして私の家でも時々起こる事なのだが。

晴れた日の朝に干した洗濯物が、夕方の取り込む時分になってもまだ濡れている事がある。
「ん?もしや・・・」と思って上を見ると・・・
上階の住人の洗濯ロープに干された洗濯物から水が滴って、真下に干してあった私の洗濯物が見事に濡れていたりする・・・。

こちらの洗濯機は古くて脱水機能がイマイチのものも多いし(こちらに暮らして初めて、日本の洗濯機のスゴサが分かります)、同じ場所にしかロープがない。
こんなコトでショックを受けてはいけない(別に受けてもいないんですが)。
そういう時には、こちらの洗濯物も暫くそのまんまに干しておいて、また乾くのを待ちます。

話題は変わりますが、
洗濯機を回すのにも、結構時間がかかるのは、私の家の化石と化している洗濯機だけではないと思う。
いつぞや、ルームシェアのアパートに入居したばかりの留学生が、「うちの洗濯機、3時間経ってもまだ洗濯してる~!」と悲鳴をあげていましたが、あながちウソではないのではないかと思っている。
洗濯物干しのみならず、洗濯機も手強い。

なんてことはない洗濯物ひとつとっても、国や街が違えばこんなに違う。

細かいことをあまり気にしない大雑把な私の性格が幸いしている、ヴェネツィアの洗濯物事情なのでした。
[PR]



by sumiciki | 2013-04-25 19:36 | 日々の生活で

ヴェネツィア在住。雑記帳ブログ。
by sumiciki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

洗濯物干しイロイロ
at 2013-04-25 19:36
春・始まる
at 2013-04-16 08:04
船トラフィック
at 2013-04-15 05:14
中世の建物で、詩の朗読を聴く
at 2013-04-11 19:57
夜の光と陰と、そしてアックア..
at 2013-04-08 20:48

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧