ヴェネツィア・スクラップブック

植草甚一Works6 「イタリア映画の新しさを伝えたい」

a0199341_21295977.jpg


植草甚一さん、という人がいた。「J・J氏」という愛称で知られた、欧米文学やジャズや映画の評論家。

学生の頃読んだ彼の評論やコラムから、様々な作家や映画やジャズを教えてもらった。
私の大好きなイタリア人作家イタロ・カルヴィーノの名も作品も、植草さんの本を読んで知った。その時からいつかはカルヴィーノの著作を原文で読みたい、と思っていたから、今私がイタリアに住むきっかけのひとつは、植草さんによって種を蒔かれた、とも言えるかもしれない。

この植草さんという人、いわゆる中年の頃の植草さんの写真はちょっと太めの「どこにでもいそうな」おじさんなのに、歳を取ってから(胃の手術後に大分痩せられた)の写真を見ると、およそ「どこにもいない」おじいちゃんに変貌を遂げる。
その写真がとにかく素敵なのである。
イケテる(←彼が着ると)Tシャツに帽子にジーンズ、そして何よりも目が、この人はおじいちゃんになればなるほど、キラキラピカピカしてくるのである。
スゴイじーさんがいたものだと当時学生だった私は写真を見てうーんと唸ったものだった。

私が評論やコラムを読んでいた頃は既に故人となられていたので、リアルタイムで読んでいたのではない。
晶文社からかつて発刊された「植草甚一スクラップブック」シリーズは新書を扱う本屋では既に絶版で、計らずも植草さんが好きだった古本屋に私も足を運ぶようになったのだった。
新刊本とはまた別の世界が、それは値付けという評価も含めて、古本屋にはあるのだとその時に知った。
古本の植草さんのシリーズは、当時学生だった私にはなかなかの値段だったので、少しずつ、社会人になってからもボチボチと、古本屋で見つけると買い集めて読んで来た。
それらのシリーズも、復刻版のリクエストが多かったのだろうか、既に大分前からお求めやすい値段で新書店に並んでいる。

その植草さんの映画評、中でもイタリア映画だけを集めたものが、近代映画社から「植草甚一Works6 イタリア映画の新しさを伝えたい」として刊行されている。映画雑誌「スクリーン」に掲載された文章を書籍化したもの。

イタリア映画の「新しさ」といっても、それは執筆年代の(なんと)1940年代後半から1960年代のこと。
植草さんは終戦後まだ年も経ない時期からイタリア映画の傑作を次々に紹介しているのだ。
彼のワクワクするような文章を通じて、当時の黄金期イタリア映画の新しさというものが、まるで自分もリアルタイムにそこにいるかのように、実感として迫ってくる。この感覚はなんとも楽しい。

作品としてロベルト・ロッセリーニ、ヴィットリオ・デ・シーカ、ピエトロ・ジェルミ、ルイジ・ザンパ、ジュゼッペ・デ・サンティス、アレッサンドロ・ブラゼッティ、ルキノ・ヴィスコンティ、マウロ・ボロニーニ、フェデリコ・フェリーニ、脚本家としてのパゾリーニ。俳優陣に、ヴィットリオ・デ・シーカ、アリダ・ヴァリ・・・。
今では「大巨匠」という大前提で語られる監督や俳優陣が、ここでは「こんなスゴイ人が出てきているよ」というリアルタイムの言葉で語られている。

植草さんの文章を読んだことがある方はご存知かと思うけれど、植草さんの文体には独特のスタイルがあって、それがきっと当時の若者の間の人気に火を点けたのだと思うけれど、しかしその文体も、最初からそうだったわけではない。それがこの本に(章毎に)時系列に並んだ文章を読んでいって改めて分かる。
後半の方になって、「あ、きっとこの頃からあの写真のようなキラキラしたじーさまになって来ているのでは」とこちらも想像しながら読んでいった。

年が経ち、私がイタリアに暫く住んでもなお、今は亡き植草さんは私に色々なものを伝えてくれる人なのだった。


「植草甚一Works 6 イタリア映画の新しさを伝えたい」 (Screen Library 006)
著者:植草甚一
発行:(株)近代映画社
価格:1800円+税

a0199341_21302523.jpg

[PR]



by sumiciki | 2012-03-21 21:44 | 映画・舞台など

ヴェネツィア在住。雑記帳ブログ。
by sumiciki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

洗濯物干しイロイロ
at 2013-04-25 19:36
春・始まる
at 2013-04-16 08:04
船トラフィック
at 2013-04-15 05:14
中世の建物で、詩の朗読を聴く
at 2013-04-11 19:57
夜の光と陰と、そしてアックア..
at 2013-04-08 20:48

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧